ZERO STYLE SOLAR ゼロスタイルソーラー

美容業界を本気で語り合う

美容協同組合dupa

ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

例えば、練習。毎日、夜遅くまでやって当たり前だった。だが今は違う。
「ウチの子供に、いつまで仕事をやらせるのだ。」と親からの苦情も珍しくなくなってきた。
社会保険も同じである。この業界では、ほとんど入ってないサロンの方が多かった。
だから「社会保険に入ったら倒産してしまう。」と嘆きや逃げが飛び交った。
だが、社会保険事務所からの指導が次第に強くなってきた。
美容学校の進路指導でも、社会保険の完備していないサロンへ生徒を送り込むことに否定的になってきている。
予約がいっぱい入っているのだから、昼食など食べれないのが当たり前、だった。
だが、そうこうしていると次第に人材が集まらない、かつての3K(キツイ・汚い・気持ち悪い)
業界と同じようになってしまうかもしれないのである。
こうした、美容業界の「非常識」は、小手先のテクニックで越えられそうにない課題だといえよう。
むしろ経営財務の中枢に入り込んで、本気で体質改善・構造的解決を図らなければ、
業界そのものが終わってしまうかもしれないのだ。だからdupaでは、
勝ち残れるための「業界のスタンダード」創りを、あらゆる面から提案し、実直にぶつかっていっているのである。
問題の本質に飛び込まず、誰かがウマい手を見つけるまで遠まわしで見ているだけでは、誰も何も育たない。
自分で、真正面から挑んでこそ、本当の自分たちのモノになるはずだ。
これがdupaの生き方であり、dupaという集りの本質だといえよう。

ページ上部へ戻る